即日融資を実行してくれることはカードローンの魅力です

私はカードローンを利用することがしばしばあります。
なぜならば、急な出費があった際にもすぐに対応してくれる便利な存在だからです。
私は家計とは企業活動と同じで余裕がある時もあれば、その月の出費を賄うことが難しい場面もあります。
例えば冠婚葬祭が続いた時などは予定外の出費ですので家計が苦しくなる要因になります。
しかし冠婚葬祭にお金がないので出席できないと言う事は、世間の常識から外れた行動になってしまうために自分自身の信用を失うことになる可能性があります。
冠婚葬祭等の急な出費の際に手を貸してくれるのがカードローンなのです。
私が初めてカードローンを利用した時はカードを即日発行できて即日融資を受けることが出来たことに驚きました。
私の勝手なイメージですが、融資を受ける際には数日審査に時間が掛かるものだと思い込んでいましたので驚きました。
融資を受ける側としては即日融資を実行してくれることは大きなメリットであると考えています。
また審査に必要な書類は運転免許証などの身分証明書と健康保険証の2つでした。
運転免許証や健康保険証は常に持ち歩いている物ですので、住民票等を取り寄せる必要が無かったことが非常に便利だと感じました。
私の場合は50万円を限度額としたカードを発行してもらうのに必要だった時間は1時間程度でした。
しかし50万円を超えるような融資を受ける場合には給与の源泉徴収票などの所得を確認できるものが必要になるということでした。
そして実際にカードローンを申し込む際に相手に伝えることは、氏名、住所、年齢、メールアドレス、電話番号、借家か持家か、勤務先の住所や電話番号、雇用形態、勤続年数等でした。
クレジットカードを作る際と同じような段取りですので特別な項目を入力する必要がなかったことが印象的です。
一般的な情報の入力だけで即日融資を実行してもらえることに驚きがありました。
私の場合は金利は年利15%程度で融資を受けることが出来ました。
年利15%と言うと金利が高いイメージがありましたが実際にお金を借りる期間は長くても3ヶ月程度で返済をしていますので、金利負担が重いと感じたことはありませんでした。
また返済方法もコンビニのATM等を利用することもできますので、24時間いつでも返済できる環境が整っていることも非常に良い点であると実感しています。
私にとってカードローンは家計が困った時に手を貸してくれる貴重な存在です。
お金に困った時に貸してくれる人はなかなかいません。
仲の良い友人に相談をしてもそのことがきっかけで友情に亀裂が走ることもありえます。
また親戚を頼ってみても自分自身の信頼の低下を招く恐れもありますし、今のご時世でお金に余裕のある親戚を探すことも一苦労です。
そんな中で少しの金利を支払うことで即日融資をしてくれることはとてもありがたいことですので、私は今後も計画的に利用をしていきたいと考えています。

CMでよく目にする即日融資のカードローンとは?

今まで、よくテレビのCMで「即日融資」「カードローン」という言葉を目にしていましたが、いったいどのようなものなのが全く知りませんでした。
なので、そもそもカードローンとは何か、どのような流れなのか、メリット・デメリット、金利など気になる点を調べたのでまとめたいと思います。
まずは、「カードローン」についてご説明します。
突然の出費が重なり、どうしてもお金が必要になった時に助けてくれるものです。
さすがに、友人や親戚に借りるのは、抵抗を感じますよね。

loan26お金の入るめどが分かっているなら自分で返済可能な範囲で融資を受けることです。
店舗に足を運ばなくとも、短時間で融資をしてくれるところもあります。
「借金」は、危ないなどダークなイメージが持たれていると思いますが、正しい方法で利用すると、大変便利なものになります。
次に、どのような流れで融資を受けられるかご説明します。
「審査」に通れば、融資を受けられます。
お金を貸す側は、返してもらうことを前提に貸しますので、貸す側はリスクを多く負いたくありません。
よって、借りる人の年収を審査します。

特に収入が安定している方が審査が通りやすいです。
他に、勤続年数や居住年数、職業や引っ越し回数など書類に書く必要がある場合もあります。
会社によって審査基準のなかでポイントをどこにおくかはそれぞれですが、以上のポイントはたいていの会社が重要視している点になります。
最後に、メリット・デメリットについてご説明します。

※追記・銀行系のカードローンについて

銀行系の場合には、消費者金融と比べて金利が低く設定されております。
銀行系の場合には、上限金利はもちろんのこと、下限金利も低く設定されております。

引用元・・・銀行のカードローンでも即日融資は可能 (外部サイト)

具体的なメリットとデメリット

まずはメリットです。
銀行のATMが閉まった後にお金が必要になったり、給料日前に急に出費があったりなどさまざまな状況の時にカードローンがあれば、あわてることもありません。
急な出費に対して融資してもらい、翌日にすぐに返済をすれば多少利子がかかりますが、助かりますよね。
24時間のコンビニでも利用ができるので、自宅の近く会社の近くなどどこでもすぐに借りられます。
さらに、担保や保証人も必要ないので手軽です。

次は、デメリットです。
短期的な融資なら金利についてさほど気にする必要はないですが、長期的な融資の場合は、金利気にする必要があります。
ですが、賢く正しく利用すれば大変便利ですよね。

金利については、3.5%~18%の間が多いです。
借りる金額や条件などによって違ってきます。
その条件とは、職業や引っ越し回数など借りる側にどれだけ信頼をおけてお金を貸すことができるか審査によって決まります。
銀行系の方が金利が低いですがその分、審査基準が厳しいです。
つまり、審査が緩いほど金利が高く、審査が厳しいほど金利は安いということになります。
お金が手元になく必要で、返済をするめどがある場合は、即日融資を受けられることは大変助かりますよね。

賢く、正しい使い方をすればカードローンに対して恐れることはないと思います。
借りたらきちんと返す期日に返せばいいだけのことです。
利用をしようか悩んでいる方は、一度相談をしてから利用するといいと思います。

仕事が忙しく時間がない方でも安心

すぐにでもお金が必要になってしまったのに、すぐに用意ができない時もあります。
しかし貯金通帳や残金を見ても、そのほしい額に達しない時にはどうしようか悩んでしまいますよね。
困った時に頼れる親や友達でもいればいいのですが、なかなかそういった親や友達を持っている方は少ないでしょう。
お金を借りたい話をしてしまえば嫌な顔をされるだけです。
お金の事がきっかけで関係がこじれてしまうのであれば、話をしないでまずは違う方法を考えましょう。
その時に頼りになるのが、即日融資を受ける事ができるカードローンになります。
すぐにお金がほしい時には、1週間や1か月など時間が待てないものです。
時間がかかってしまうのであれば不安になってしまいますが、今は申し込んだその日にお金を借りる事ができます。
中には仕事が忙しくてなかなかお金を借りる事ができない方もいると思いますが、忙しい方でもお金を借りやすくなっているので安心です。
もし時間があればお金を借りる事ができる会社に行き、話や疑問などを聞きながら申し込む事ができます。
しかし時間がない場合には、インターネットからも申込みを行う事ができるのです。
インターネットであれば24時間好きな時間に申込みを行う事ができますので、仕事の休みの日にゆっくり申込みができなくても仕事帰りや休み時間にも申込みをする事ができます。
急いでお金がほしい場合で仕事がある日でも安心して申込みをする事ができますので、忙しい方でも申し込みやすいでしょう。
できる限り即日融資を受けたい場合には、平日の会社が行っている午前中に申込みを行うと良いでしょう。
その時間帯であればお金を貸してくれる会社でも、在籍確認も取れて夕方までに審査結果をメールで送る事ができます。
夕方に審査結果を見て通過していれば、申込みの時に指定をしていた銀行の口座にお金を振り込んでもらう事もできます。
仕事の帰りなどに銀行のATMに寄ると、そのままお金を受け取る事ができるので便利でしょう。
銀行は自分の行きやすいところを指定するのも可能ですので、夜遅くまでお金を引き出しできるところなどを指定しておくと良いです。
あまりお金を借りた事がない方は、そのお金を貸してくれる会社まで行って申込みを行わなければいけないようなイメージを感じるかもしれませんが、行く事なく申込みからお金を手にするところまでできます。
昔に比べて大分便利になっていますので、困った時には頼りにする事ができるでしょう。
審査に通過した後も忙しいとなかなか電話に出る事ができないものですが、メールで審査結果を教えてくれるので電話にすぐ出られる環境でなくても申込みが可能です。
会社にはいるかいないかの在籍確認が入りますが、それ以上何か詳しい話をされる訳ではないのでプライバシーも守られます。
時間がない場合でも安心しながらスマホやパソコンから申込みができますので、困った時には隙間時間を見つけて申込みをしましょう。

即日融資

急にお金が必要となったときに頼りになるのがカードローンです。
最近では即日融資が可能なところも増えてきて、ますます便利になってきました。
即日融資ですと申し込んだ当日に借り入れをすることが可能となるのです。
とてもスピーディな対応ですよね。

しかし誰でもすぐにお金を借りることが出来るというわけではありません。
当たり前ですがまずは審査に通らなくてはなりません。
早いと申し込みから30分程度で審査が終わり、すぐに結果を知ることが出来ます。
カードは郵送にすることも出来ますが、それですと当日にお金を借りることが出来ません。

急いでいるのであればローン契約機でカードを受けとるようにしましょう。
借り入れや返済はATMで簡単に行うことが出来ます。
流れはこれでだいたい分かったと思いますが、肝心の審査について不安が残るでしょう。
審査基準は会社によって変わりますが、いくつか共通の基準があるのでそれを中心にお話していきたいと思います。
まず年齢ですが満20歳~65歳以下までの方が対象となります。

借りやすい年代は20代30代と言われていますが、安定した収入があれば年齢はそれほど気にする必要はないでしょう。
利用目的を問われた場合は生活費と答えるより、レジャーや買い物とした方が審査に通りやすいと言われています。
それは生活費だと生活するのが厳しく、返済できない可能性があるのではないかと思われてしまうからです。
審査では返済能力があるかどうかの判断がとても大切になってくるので、そこは注意した方がいいでしょう。

なお借り入れしたお金は基本的には、どんなことに使っても問題はありません。
ただ事業資金に使うことだけは禁止されています。
また1度に複数の会社に申し込まないことも大切です。
そして当たり前のことですが、嘘や偽りは絶対にやめましょう。
そんなことをしても必ずバレるシステムになっているので、正直に間違いなく記入することが大切です。
他にも勤続年数や居住期間なども聞かれます。
これは長い方が良いですが短いからといって、審査に落ちるわけではありません。
申請時に借り入れ額も記入すると思いますが、このときに限度額を鵜呑みにするのはやめましょう。

はじめは額を少なくする方が良いです。
また総量規制というものによって、年収の1/3以上は借り入れすることが出来ないので、自分の年収に見合った借り入れをするのも大切です。
総量規制について少しお話します。
年収の1/3以上借りられないと決まったのは多重債務者を減らすためなのです。
年収の1/3まで借りている方は他の会社でもそれ以上は借りられないようになっています。

なお不動産や自動車の購入は例外となっています。
無事審査に通って借り入れしたら、それで終わりではありません。
きちんと返済してはじめて完了します。
借り入れの際はしっかりと返済計画を経てた上で借りるようにしましょう。
そのことがこれから先借り入れするときにも有利になるのです。

カードローンのことが知りたい!

カードローンを正しく利用するためのポイントを自分なりに分かりやすくまとめお届けしてきましたが、まだまだ伝え足りない部分の補足のためにもコチラのサイトへアクセスすることをオススメします・・・即日融資(外部サイト)

コチラではカードローンの基礎的な知識から応用できるものまでさまざまな情報を公開、私もサイト作成の参考にしたくらい良質な情報となっているのでぜひご覧ください。

即日融資で様々なことに利用できるのがカードローンです

私は自営業を営んでいますが、お金の融通を付けるのに即日融資を数多く利用しています。
その中でも最も多い融資の形態はカードローンで、その方が実に効率的ということが多々あります。
特にびっくりしたのが税金の支払いです。
税金は毎年基本的に1回払いで払うのが好ましいのですが、時期が年度末ということもあり、多くの取引相手から注文が重なる時期でもあります。
この時期に、税金の支払いを優先して取引を整理しても良いのですが、その後の手続きやその場での売上のことを考えると取引を毎年優先させてしまいます。
かと言って税金を払わないで過ごすということは出来ないので、分割による手続きを選択する場合は、金利がかかってきます。
この時に掛かる税金の金利は法律の上限であるので、利息を考えると即日融資のカードローンで穴埋めを先にしてしまった方が結果的に払う利息が少なくなるのです。
また返済についてみても、税金の場合は毎月1回の支払いが原則とされているのに対し、カードローンの場合はATMを利用して好きな時に返済ができます。
特にこの返済方法は私のように自営業を営んでいて、不定期に現金収入があるような場合は、利息に掛かる元金をこまめに減らすことができるので効率が良いです。
大体毎年6から7月には税金分で借入を行った残金を返済するのですが、その後も急な取引が決まった時も即日融資を効率的に利用しています。
大口注文の多くは毎月定期的に行っているのですが、空いた時間には営業も行ったりしているので、新規の注文はいつ入ってくるのか分かりません。
急な取引に対応するためにいつでも、ある程度使える残高をストックしておく必要があります。
また、新規の取引は支払いに最初は手形とする場合も有り、取引を行ってから実際に現金を手にするまである程度の期間を必要とする場合があり、このような場合にも利用しています。
金利の効率などを考えれば、銀行や公的機関の金利の低い融資を申し込んだほうが良いのですが、審査に時間が掛かるのが殆どで頼ることができないのが現状です。
原則としてカードローンを使用する際には使い道が自由というところが殆どなので、仕事に利用することができます。
申し込みの際にもインターネットで即日融資と検索すると簡単に検索エンジンで検索することができ、電話やインターネットで簡単に申し込むことができます。
審査の際も身分証明書の確認をスムーズに行うことができればカードローンは多くの場合で即日融資に対応してくれます。
最近では、銀行も参入してきたことから消費者金融でも銀行に負けないサービスを付加価値として付けているところが多く、使い方次第では銀行の融資よりも有利となることもあります。
私個人の考えでは、知人や友人を頼ると予想外の早期返済を求められる可能性もあり、金利が安くてもトラブルとなってしまう事も考えると、消費者金融などから借り入れる方が確実だと思います。