CMでよく目にする即日融資のカードローンとは?

今まで、よくテレビのCMで「即日融資」「カードローン」という言葉を目にしていましたが、いったいどのようなものなのが全く知りませんでした。
なので、そもそもカードローンとは何か、どのような流れなのか、メリット・デメリット、金利など気になる点を調べたのでまとめたいと思います。
まずは、「カードローン」についてご説明します。
突然の出費が重なり、どうしてもお金が必要になった時に助けてくれるものです。
さすがに、友人や親戚に借りるのは、抵抗を感じますよね。

loan26お金の入るめどが分かっているなら自分で返済可能な範囲で融資を受けることです。
店舗に足を運ばなくとも、短時間で融資をしてくれるところもあります。
「借金」は、危ないなどダークなイメージが持たれていると思いますが、正しい方法で利用すると、大変便利なものになります。
次に、どのような流れで融資を受けられるかご説明します。
「審査」に通れば、融資を受けられます。
お金を貸す側は、返してもらうことを前提に貸しますので、貸す側はリスクを多く負いたくありません。
よって、借りる人の年収を審査します。

特に収入が安定している方が審査が通りやすいです。
他に、勤続年数や居住年数、職業や引っ越し回数など書類に書く必要がある場合もあります。
会社によって審査基準のなかでポイントをどこにおくかはそれぞれですが、以上のポイントはたいていの会社が重要視している点になります。
最後に、メリット・デメリットについてご説明します。

※追記・銀行系のカードローンについて

銀行系の場合には、消費者金融と比べて金利が低く設定されております。
銀行系の場合には、上限金利はもちろんのこと、下限金利も低く設定されております。

引用元・・・銀行のカードローンでも即日融資は可能 (外部サイト)

具体的なメリットとデメリット

まずはメリットです。
銀行のATMが閉まった後にお金が必要になったり、給料日前に急に出費があったりなどさまざまな状況の時にカードローンがあれば、あわてることもありません。
急な出費に対して融資してもらい、翌日にすぐに返済をすれば多少利子がかかりますが、助かりますよね。
24時間のコンビニでも利用ができるので、自宅の近く会社の近くなどどこでもすぐに借りられます。
さらに、担保や保証人も必要ないので手軽です。

次は、デメリットです。
短期的な融資なら金利についてさほど気にする必要はないですが、長期的な融資の場合は、金利気にする必要があります。
ですが、賢く正しく利用すれば大変便利ですよね。

金利については、3.5%~18%の間が多いです。
借りる金額や条件などによって違ってきます。
その条件とは、職業や引っ越し回数など借りる側にどれだけ信頼をおけてお金を貸すことができるか審査によって決まります。
銀行系の方が金利が低いですがその分、審査基準が厳しいです。
つまり、審査が緩いほど金利が高く、審査が厳しいほど金利は安いということになります。
お金が手元になく必要で、返済をするめどがある場合は、即日融資を受けられることは大変助かりますよね。

賢く、正しい使い方をすればカードローンに対して恐れることはないと思います。
借りたらきちんと返す期日に返せばいいだけのことです。
利用をしようか悩んでいる方は、一度相談をしてから利用するといいと思います。